テレビ映りが悪い!【テレビアンテナ工事の前に知っておきたい情報】

アンテナ

テレビが突然映らなくなってしまうトラブルにはさまざまな原因が存在します。テレビアンテナ工事を依頼する前に、まずは自分自身で出来ることを確認しておきましょう。

テレビアンテナ工事の前にまずは接続端子を点検

ネジ止めを確認する
テレビに接続されているケーブルが外れていたり、切断されていたりするとテレビに映像を映すことができません。きちんと接続されているように見えても断線や接触不良が発生していることもあるので、接続部分はしっかり点検しましょう。
差し込みプラグの場所をチェック
配線を接続する際はプラグの中央に芯線があるのを確認し、芯線をチェックして断線などが生じていないかを確認します。芯線が歪んでいたり取れたりしている場合は、プラグ部分を交換してテレビにしっかり接続しておく必要があります。場合によってはテレビアンテナの工事をしないでもテレビ映りが改善されることもあります。

電波の受信状況でも変わるテレビ映り

テレビの映像が突然乱れたり何も映らなくなったりするのは、電波環境が悪化して電波が受信しづらくなっている可能性があります。特にマンションなどの集合住宅ではこうしたトラブルが発生しやすく、きちんと電波環境を改善しなければ快適にテレビ視聴を楽しむことはできません。集合住宅は部屋の数が増えればその分一部屋に供給される電波の量が少なくなるので、こういったトラブルが発生した場合はテレビアンテナ工事を取り扱っている専門業者に依頼してアンテナブースターを取り付けてもらいましょう。

原因が見当たらないならテレビアンテナ工事を依頼しよう

接続端子や電波の受信状況を確認しても、テレビ映りが悪い原因を特定できなかった場合は、そもそもアンテナに異常があります。その場合は専門業者に相談を行ない、テレビアンテナ工事を実施してもらいましょう。無料相談を取り扱っているアンテナ工事業者に相談を行なえば、気軽に電波調査やテレビアンテナ工事の見積もりを依頼することができます。

テレビアンテナ工事と併せて住宅設備の点検をする

10年以上使用しているテレビに不具合が発生した場合は一度業者に設備を点検してもらい、劣化が発生していないか調べましょう。

テレビアンテナ工事は電気工事業者がお勧めです

電気工事専門の業者はテレビアンテナの工事だけでなく、インターホン取り付けや防犯カメラ設置などのさまざまな工事を取り扱っています。そのためこうした業者にテレビアンテナ工事を依頼しておけば、適切な施工でアンテナを設置することが可能です。

利用者の声

保障やアフターサービスがしっかりしていると安心(30代/男性)

電気工事を取り扱っている業者にテレビアンテナ工事を依頼したのですが、丁寧な対応で取り付けを行なってもらうことができました。施工後のアフターフォローもしっかりしていて、施工後の仕上がりにはとても満足しています。

インターホンを取り換えたことで安心して暮らせるようになった(40代/女性)

自宅のインターホンが壊れていて、自宅の防犯対策に不安があったので業者に取り換えを実施してもらいました。カメラ付きのインターホンを取り付けることができたので、現在は安心して来客の応対を行なっています。

もっといろいろな映画やテレビ番組を楽しみたいなら

自宅に地上デジアンテナを設置する際は、いろいろな番組が視聴できるよう一緒にCS・BSアンテナを取り付けてもらいましょう。

CS・BS放送ってなに?

テレビとリモコン

CS放送やBS放送は人工衛星によって配信されているチャンネルであり、さまざまなジャンルの番組を視聴することができます。

CS放送
スカイパーフェクトコミュニケーションズと呼ばれる会社が提供しているチャンネルであり、映画や音楽などマニアックな専門番組を視聴することが可能です。視聴するには登録を行ない、指定された利用料金を支払う必要があります。
BS放送
1998年にNHKが放送したチャンネルであり、1991年からはWOWOWも有料放送としてBS放送を配信しています。現在チャンネルの数は14種類にまで増えており、契約をおこなっておけばいろいろな会社の放送番組を視聴することが可能です。
TOPボタン